料金・地図

Re Design Album
2017.09.01
デニム

デニムリペア(横糸編)


こんにちは!リデクロです。

今回のリメイク実例のご紹介です!

 

 

パックリ破れたデニムのリペアです。

生地自体なくなってしまっております。

でもここからがお直しやの腕の見せ所です

使用するものは太番手の生成りの糸、芯地です。

リペア使用品

これを使ってリペア開始。

ジグザグステッチを入れて

完成!!

皆様のパンツの穴塞ぎますよ!

※デニムの裾上げやお直しをご要望の方へ※

「ユニオンスペシャル」での裾上げが可能です!お持ち込みでも対応できますし、ネットでも対応可能なので遠方の方にもおすすめです。

ジーンズマニアの人たちがこだわる独特のロープ状のうねりによるアタリを出せるのがユニオンスペシャル 43200G。
このユニオンスペシャル 43200G というミシンは、裾上げ専用に開発されたチェーンステッチミシンで、裾上げ以外はできません。通称、日本ではダルマ、アメリカではブルドッグと呼ばれており、知る人ぞ知る名機として有名です。ユニオンスペシャル43200Gは、製造年代別で、初期型(黒)、中期型(茶)、後期型(アイボリー)に分かれています。当店では後期型を所有しております。この独特のねじれとアタリ感は43200Gでないと出せません。

ではなぜこのようなロープ状のうねりができるかといいますと、縫い方向に対して直角ではなく、斜めに運針する独自の動きにより、独特のネジレとシワが発すからです。当店では、出来るだけオリジナルに近いステッチ幅、糸での裾上げを心がけております。

⇒デニム裾上げ「ユニオンスペシャル」を依頼する方はこちら