料金・地図

NEWS & BLOG
2017.07.30

なかなか珍しい、デニム裾上げ

毎日ご依頼のたえないデニムの裾上げですが

裾上げの種類を、ここで改めて詳しくご説明いたします。

まず一番オーソドックスな裾上げ”タタキミシン仕上げ”

 056

表側と同じミシン仕上げです。

 

ユニオンスペシャルを使った”チェーンステッチ仕上げ”

053

裏側がチェーンになっています。

ユニオンスペシャルを使いますので、独特のヨジレが生じます。

 

 

裾のあたりをそのまま活かした”貼り付け”始末

057a

縫い代部分が固くなるデメリットはありますが

自然な見た目の裾上げになるので人気です。

 

このほかにもお客様のご要望に応じた裾上げをさせて頂きます。

ぜひとも無理難題を押し付けにきて下さい!!