料金・地図

NEWS & BLOG
2016.11.29

さすがイタリア・・・すごい!

最近多いお直しのご依頼に、コートのボタン付けがあります。

ほとんどがイタリア製の高級コート(又はスーツ)なのですが

最初から袖口にボタンが付いてなく、袖口に開きだけが開けられていて

「このボタンを使って好きな位置にご自分で付けて下さい」

何とも不親切な・・・と思ったのですが

006

それが本当は違うんですね。

身頃でサイズを合わせて買われても、袖丈だけは合わない方が多く

お洒落にこだわりを持たれる方はご自身に合った袖丈に必ずお直しされるんです。

それが最初から袖口にボタンホールの開いた本開きの袖口ともなると

そこからサイズを詰めていきますので、袖口~ボタン位置のバランスが崩れたり

袖口ではお直しが出来ず、少しお値段の掛かってしまうのですが肩から短くしなければならなかったりと・・・

そこで!この仕様ならばそんな問題も無く袖丈を合わせることが出来て美しく仕上げれるのです!

さすが Su Mizura の国、イタリア!!

「何て不親切な・・・」ではなく「何て素敵な配慮なんでしょう!」

 

さてさてこの写真のコートを持って着て下さったお客様は、イタリア人に負けないお洒落なお客様で

袖丈を合わせて本開きにするだけではなく、最初に付いていた樹脂ボタンを本水牛ボタンに変えて欲しいと。

もちろんウエストの絞りもサイズに合わせて・・・とことんご自身のお洒落感に拘ったIl Damerinoなお客様です!

ご希望通りのコートに仕上がりました! Bravo!!

004

 

*Su Mizuraとは・・・自分のサイズに合わせる という意味のイタリア語です。

           セミオーダースーツを差す場合もあります。

*Il Damerinoとは・・・伊達男をイタリア語にしてみました。