料金・地図

NEWS & BLOG
2017.07.10

デニム研修in岡山 第1話

当店は常にお客様に最新のトレンド、デザインや加工をお届け出来るよう、海外のファッションショー、工場、特殊技術を学ぶべく研修や工場を行なっております。
今回はデニムの街岡山に出向いて加工の勉強を行ってまいりました。
デニムには、ワンウォッシュ、ストーンウォッシュ、バイオウォッシュ、ケミカルウォッシュ、ブリーチ加工、ダメージ加工、オーバーダイ、プリント、抜染など色々な洗い、加工があります。その中で今回はデニムの洗い、染めについてのお話したいと思います。
デニムの基本となる加工は洗いです。
洗うと行っても上記でご紹介しましたが色々な洗いがあります。
洗い場JPG
↑ワンウォッシュの洗い場
ワンウォッシュは10〜15分程微温湯で洗います。特徴としては生デニムに比べて生地が柔らかく、履きやすくなります。
ストーン洗い場2石
↑ストーンウォッシュ、ケミカルウォッシュの洗い場
ストーンウォッシュはデニムと一緒に石(研磨石、軽石)を入れて洗います。ワンウォッシュと同じで生デニムに比べて生地が柔らかく、履きやすくなります。その上石が生地に当たってアタリ感を出す事が出来ます。
ケミカルウォッシュは脱色剤の液に軽石漬けた石とデニムと一緒に、洗って表面を部分的に脱色させます。
今回お客様に提案したいのはこちら‼︎
 染め
染め加工です。染められたデニムが色落ちしているものございませんか?
一部だけ染めるのは出来ませんが、デニム全体を再度染め直しする事が可能です。
生地の混率によりますがデニムだけではなく他の製品でも可能です。
金額は見積もりしてご返答になりますが、およそ¥5,000〜ぐらいでご依頼頂けると思います。
注:お客様からの依頼で製品のみという事が主だと思います。その際は試す生地がありませんので少し色ブレする可能性がございます。ご了承下さいませ。
次はダメージ加工についてお話ししたいと思います‼︎
乞うご期待‼︎